素晴らしい体験@飛雲閣

今年3月18日に亡くなった義父の納骨に行ってまいりました。
京都西本願寺です。
a0098418_22132291.jpg

大きな銀杏の木。水分をたくさん含むので火事の際の類焼を防ぐ意味で植えられているとの説明。
その姿には長い歴史が感じられます。
a0098418_22132387.jpg

季節のハス、咲いている姿は見られませんでした。
a0098418_22132456.jpg

龍虎殿で法要。素晴らしい細工です、
a0098418_22132572.jpg

a0098418_22132670.jpg

a0098418_22132774.jpg

a0098418_22392398.jpg


a0098418_22132857.jpg

法要が済んで、大谷本廟での納骨の前に食事。
これが素晴らしかった。
国宝の飛雲閣の中に入れていただきました。納骨特典です!
飛雲閣(ウィキペディアより)
境内南東隅の滴翠園(てきすいえん)内、滄浪池(そうろうち)と名付けられた池に面して建つ、3階建の庭間建築である。江戸時代の絵図には「御亭(チン)」として現れる。3階建であるが、各階は平面の大きさを変え、屋根などの意匠も左右相称を避け、変化に富んだ外観をもつ。寺に遺る江戸初期の文書『紫雲殿由縁記』(寛永15年成立、延亨4年増修)には豊臣秀吉の遺構だと記されていることから聚楽第の遺構との説も広く流布したが確証はなく、様式的にもやや新しく建築史からは否定的意見が多い。一方その1階平面が大書院対面所に共通するから寛永期に本願寺により建てられたのではないかとする説も唱えられたが(平井聖)、飛雲閣1階は一列型書院造の形を示し、一方対面所は3列型で先に触れたように真宗の本堂建築のスタイルを踏襲していると考えられるから両者が似るとするのは無理があり、さらに建築時期、建築理由など十分な説得性にも乏しく定説とは言えない。近年付属建物である黄鶴台から「寛永五年三月から寛永六年八月迄‥」という墨書が発見され(鶴岡典慶報告)、これが移築の時期を示すのではないかとの推測から、秀吉の京都新城、のちの高台院屋敷の「アコセガ池」畔から、後水尾上皇の仙洞御所造営(寛永4年着手)に先立ち解体撤去され、本願寺に移築された建物との説も登場した[8]。1階は池から船で直接建物内に入る形式の船入の間、上段・上々段を設けた主室の招賢殿、下段の八景の間、茶室憶昔席(いくじゃくせき)などがある。本来障壁画で飾らるべき上段床の間背面の壁が大障子となっている点が特異である。憶昔席の部分のみは建築年代が明確で、寛政7年(1795年)、茶人藪内竹蔭らによって増築されたものである。2階歌仙の間は、西側8畳の上段、東側16畳半の下段からなり、上段背面の壁には1階招賢殿と同様障壁画はなく窓が開けられている。下段三方の板戸の内外には御簾の下に座す三十六歌仙の像(現状は三十四歌仙)を華やかに描き、天井は金具に飾られた格天井、長押も格調高く打ちまわしており、総じて御殿風の趣きがある。3階は摘星楼と名付けた8畳で、長押は打たず天井も低い草庵風の意匠となっている(ただし天井は鏡天井)。各階の主開口部はいずれも北に開けられており、特に1階の書院が南側に全く開口部をもたないのは書院造としては他に例がなく、また我が国の住宅建築の原則からも外れている。このことが元々南向きであったのではないかとの推測を生み、先に述べた「移築説」の根拠の一つとなっている。なお、元禄時代の状況を示すと考えられる1階平面図(本善寺所蔵)により、現況では北縁側(入り側)に設けられている腰障子はなかったと判り、当初の北立面は今より凹凸に富んでいたと考えられている。飛雲閣は原則非公開であるが、外観のみ期日を限って特別公開される。また毎年5月21日の宗祖降誕会の際には室内に茶席(有料)が設けられる

a0098418_22132998.jpg

上段の間には太閤秀吉が座ります。一階の上段の上に部屋を設けるのを気位の高い秀吉は、それをよしとせず、二階を設けず、二階の上段の間の上にも三階を設けず、とうことで、左右非対称の形となったと説明を受けました。
三階からの京の街並みを秀吉は愛でたとおっしゃっていました。
本来障壁画で飾らるべき上段床の間背面の壁が大障子となっているのは、敵が攻め込んで来た時、大障子を破って脱出するためと説明がありました。
a0098418_22133067.jpg

a0098418_2213318.jpg

a0098418_22133372.jpg

精進料理
a0098418_22133415.jpg

a0098418_22133459.jpg

池から船で直接建物内に入る形式の船入の間
とても珍しいですね。
a0098418_2213356.jpg

狩野派の襖絵
a0098418_22133688.jpg

a0098418_22133779.jpg

a0098418_22133939.jpg

三十六歌仙の絵図
a0098418_22134045.jpg

a0098418_22134127.jpg

国宝のお茶室
a0098418_22134011.jpg

義父のおかげで、国宝の中で格別の精進料理をいただける恩恵を賜りました。
非対称の造形、狩野派による襖絵、船で出入りした入船の間、三十六歌仙の絵図、隣接する茶室、蒸し風呂等、貴重な建築物、美術品を見せていただき、浄土真宗西本願寺門徒の義父に感謝です~♪
シャトルバスで大谷本廟へ移動し、納骨を済ませました。
お義父さん、極楽浄土で楽しく過ごしてください。
by nanayumi723 | 2014-06-22 22:05 | 家族 | Comments(0)


他人に厳しく自分に甘い浪花のおばはん由とダーリンたかっちゃんと2008年8月にお星様になった愛犬、お気楽マイペースゴールデンななと2012年8月ななの命日にうちの子になったなつの日記です。


by nanayumi723

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

green727さん、あ..
by nanayumi723 at 12:14
ななちゃんとなつちゃん ..
by green727 at 11:32
秀子さんも伸ばしてはるん..
by nanayumi723 at 07:31
私もテレビで見て、寄付す..
by u831203 at 23:03
I君、ありがとうございま..
by nanayumi723 at 09:06
昨日はありがとうございま..
by I君 at 07:45
石井さん、お読みくださっ..
by nanayumi723 at 23:19
今ブログ読みました! ..
by 石井です at 00:14
> green727さん..
by nanayumi723 at 16:33
ギックリ腰? ヘルニア..
by green727 at 21:48
年とればとるほど、友達の..
by nanayumi723 at 14:38
心から同感! 友達は宝..
by mamimi-loves-leo at 07:22
手抜き料理も好きなお皿に..
by nanayumi723 at 15:46
お気に入りの食器で頂くと..
by chaco-o at 14:29
eight-tenさん。..
by nanayumi723 at 09:03
いや~~~ん、もう可愛い..
by chaco-o at 16:28
なつちゃん。なんてかわい..
by eight-ten at 12:30
> chaco-oさん..
by nanayumi723 at 17:06
> へたれ二号さん ひ..
by nanayumi723 at 16:32
おめでとうございま~す^..
by chaco-o at 10:13

リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

フォロー中のブログ

Talklab☆ニコのち...
HAPPY WITH R...
新世界遺産への道~他とは...
林檎の気持ち・・・♪
華麗なる人生
deiku@product
がちゃぴん秀子の日記
八ヶ岳南麓週末日記+α
いい旅・夢Kiwi スカ...
ツレヅレハナコ blog...
Stitch ステッチ
リュウジェニママのいろい...
御舟かもめ 船長日記|O...
まみみ暮らし
すまいる・わん・・虹の橋...
fuga!エイト
Demeterの恵み
君の笑顔に逢いたい
はらはちぶんめ
天王寺高校28期
俺の心旅

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬
日々の出来事

画像一覧